no.5

製品カテゴリー・・・腕時計・歩数計

時刻調整不要、ウォーキング電波ウォッチ

製品概要

GRUSウォーキング電波ウォッチは、常に歩数が確認したいというお客様の声をきっかけに開発がスタートいたしました。通常のデジタル時計にある時刻画面を排除し、歩数モードに時刻を表示させることで時刻と歩数を常にワンセットで確認することが可能となりました。また、電波受信機能を搭載しさらに便利に使用することが可能です。GRUSウォーキング電波ウォッチは、運動と日常生活で腕時計を付け替えることなくよりシンプルなライフスタイルを実現することが可能です。

ウォーキングウォッチに電波機能を搭載した運動、日常兼用モデル

運動から日常まで幅広く使用できる腕時計です。歩数計測をはじめカロリー計算や歩幅計測、ストップウォッチの機能も搭載しています。そんなウォーキングウォッチに、さらに電波受信機能を搭載いたしました。深夜に作動する電波を自動受信することができる環境であれば、時刻調整の必要は一切ありません。時計としての機能と運動としての機能を兼ね備えていますので運動シーンや日常シーンなどマルチに活用できる製品です。

初期のウォーキングウォッチをさらに改良

歩幅がはかれるウォーキングウォッチとして発売したGRS001シリーズでは多くの反響をいただきました。このGRS005シリーズでは、初期モデルでいただいたお客様の声を反映させた製品です。液晶は一回り小さくなりましたが、その分、運動時でも扱いやすくなりました。逆にボタンは大きくなり操作性を向上いたしました。さらに、電波受信機能を搭載し面倒な時刻設定を簡略化しました。この様に、お客様の様々な声が反映された製品となっています。

ペース管理ができるペースキーパー機能を新規搭載

ストップウォッチが利用できる計測モードでは、今回、新たにペーサー機能を追加いたしました。はじめの50歩で基準値ペースを確定し、その後、30歩毎に基準値ペースと比較し、ペースが落ちていないか、早すぎないかを時計が判断します。基準値ペースを外れていた場合は音と表示でお知らせいたします。それに従ってウォーキングすることでペースを維持した無理のないウォーキングを行うことができます。

時刻調整不要、ウォーキング電波ウォッチ

運動や日常などマルチに使用できるウォーキング電波腕時計です。従来のモデルからさらに使いやすくシンプルになりました。ペース管理が可能な「ペースキーパー」も新たに搭載されております。もちろん、歩幅計測機能も引き続き搭載されております。

機能

歩数モード
時刻、フルオートカレンダー、1日のウォーキングタイム、歩数(最大199,999歩)、消費カロリー、時刻電波受信
歩幅モード
4段階歩幅評価、計測可能距離30m-100,000m
計測モード
ストップウォッチ、歩数、消費カロリー、ペースキーパー
記録モード
7日間の歩数モードの記録

仕様

ムーブ
デジタルクォーツ 日本製CPU
ダイヤル
デジタルLCD
防水性能
3BAR
バッテリー
CR2032
電池寿命
3DセンサーONのみで使用した場合約1年、3DセンサーOFFのみで使用した場合約3年
バックル
尾錠
ケースサイズ
(約)47×54×13.6mm
重量
(約)52g
ケース素材
ABS
バンド素材
PU
GRS005-01_front01
GRS005-01_angle
GRS005-01_side
GRS005-01_back
GRS005-02_front2
GRS005-02_angle
GRS005-02_side
GRS005-02_back